信岡 良亮

株)アスノオト 代表取締役/(株)巡の環 取締役
1982年大阪府生まれ。2005年同志社大学商学部卒業。東京でのITベンチャー企業勤務を経て、島根県隠岐諸島の海士町に移住し、2008年に株式会社巡の環(めぐりのわ)を共同で起業。6年半の海士町での生活を経て、都市と農村の新たな関係を築くため、2014年5月より東京に活動拠点を移し、大学での講義など情報発信を積極的に行う。

所属学科ITソリューション
職位講師(大学・大学院)
研究分野都市農村関係学
研究内容のキーワード人口減少社会における都市と地方の新しい関係
教育方法の実践例(1)エコロジカル・コミュニケーション論 2015年4月1日
エコロジーとエコノミーという概念を語源に基づき、住処の有り様を知ることと、その運営方法を考えることとして捉え直した際に、現在における運営手法偏重のコミュニケーションから、自分と対話者との有り様把握のためのコミュニケーションへと意識変革を促すワークショップスタイル、かつゼミ形式の授業

(2)コミュニティ・リレーション学  2014年10月1日
上記内容の社会人向け、全5回の簡略版
作成教材(1)僕たちは島で、未来をみることにした 2011年12月
島根県海士町における島丸ごと持続可能への取り組みの一助たる会社の起業・実践を物語を通して伝達するための本

(2)都市農村関係学 2015年3月
過疎を田舎の魅力不足として捉えることをやめ、都市と地方の関係性の問題として捉え直したときに、のぞむべく未来に向けた共創関係の模索を提案する本

(3)都市農村関係学への招待 2015年3月
上記の入門編
教育上の評価情報
実務特記事項(教育)島根県隠岐郡海士町での企業経験 2011年12月
人口減少社会における社会の担い手を生産・消費の双方の相互理解によって促していくための関係作り
その他(教育)
資格免許情報普通運転免許 2001/3/1
特許
実務特記事項(職務)
その他(職務)
著書僕たちは島で、未来をみることにした
共著 2011年12月 木楽舎
島根県海士町における島丸ごと持続可能への取り組みの一助たる会社の起業・実践を物語を通して伝達するための本

都市農村関係学
単著 2015年3月 島学ブランド推進協議会
過疎を田舎の魅力不足として捉えることをやめ、都市と地方の関係性の問題として捉え直したときに、のぞむべく未来に向けた共創関係の模索を提案する本

都市農村関係学への招待
単著 2015年3月 島学ブランド推進協議会
上記の入門編
学術論文
その他(著作)
学歴2001年3月私立 同志社香里 高等学校 卒業
2001年4月同志社大学 商学部 商学科 入学
2005年3月同志社大学 商学部 商学科 卒業
職歴2005年4月有限会社 カタパルト 入社
2006年1月株式会社 grooves 転籍
2007年6月株式会社 grooves 退社
2008年1月株式会社 巡の環 創業  取締役 (現在に至る)
2015年4月上智大学 総合人間科学部 社会学科 非常勤講師 (現在に至る)
2015年4月武蔵野大学「環境プロジェクト1・2」TA(ティーチング・アシスタント) (現在に至る)
2015年5月株式会社 アスノオト 創業 代表取締役 CEO (現在に至る)
2015年7月海士町 交流特命大使 (現在に至る)
所属学会
活動情報
賞罰2012年11月オーライ!ニッポン大賞
2015年1月ふるさとづくり大賞 総務大臣賞
担当科目(単位数・単位区分・年次・前提科目・開講期情報)