阿竹 敬之 [Takayuki Atake]

SMBC日興証券 金融経済調査部 部長 クレジットリサーチ課長、応用経済時系列研究会 理事
早稲田大学大学院理工学研究科修了。
1987年に日興證券に入社し、日興ソロモン・スミス・バーニー証券(現シティグループ証券)、国際協力銀行を経て2010年より現職。
現在は、SMBC日興証券にてクレジットアナリストとして、社債やクレジット・デフォルト・スワップなどのクレジット市場の投資戦略、債券発行体の信用力分析、投資評価に関するレポートを機関投資家向けに提供している。
日興証券では、主にリスク管理・運用モデル開発、コーポレート・ファイナンス等の計量分析の研究に従事。日興ソロモン・スミス・バーニー証券ではクレジット・アナリスト、クレジット・ストラテジストとして活躍(アナリスト・ランキングでは、常に上位にランク・イン)。国際協力銀行において証券化業務に従事。
2001~2008年中央大学大学院国際経済学部にて「ファイナンシャル・リスク・マネジメント論」の講義を担当。
出版物等:共訳『ファイナンスへの数学』、朝倉書店、2001年。

所属学科経営学研究科 経営管理専攻
職位教授
研究分野社会科学
研究内容のキーワード財務会計
教育方法の実践例中央大学大学院国際経済学部『フィナンシャル・リスク・マネジメント論』担当 2001年~2008年
ビジネス・ブレークスルー大学大学院『コーポレートファイナンス』担当 2010年5月~現在 この講座は、これまでの日本企業の財務行動の問題点と今後の課題について、参考図書(『コーポレートファイナンス 第8版(上)』)に基づいて講義を行う。当参考図書はMBA学生がファイナンスを学習するうえで、多用されているもので、このテキストを使用することで、高等教育を受けた学生の共通言語が出来上がることが期待される。
作成教材ビジネス・ブレークスルー大学大学院『コーポレートファイナンス』講義資料作成 2010年5月
教育上の評価情報
実務特記事項(教育)SMBC日興証券 チーフクレジットアナリスト 2010年5月~現在 SMBC日興証券にてチーフクレジットアナリストとして、社債やクレジット・デフォルト・スワップなどのクレジット市場の投資戦略、債券発行体の信用力分析、投資評価に関するレポートを機関投資家向けに提供している。
その他(教育)
資格免許情報
特許
実務特記事項(職務)日興証券にて、リスク管理・運用モデル開発
日興証券にて、コーポレート・ファイナンス等の計量分析の研究に従事
国際協力銀行にて証券化業務に従事
SMBC日興証券 チーフクレジットアナリスト 2010年5月~現在 SMBC日興証券にてチーフクレジットアナリストとして、社債やクレジット・デフォルト・スワップなどのクレジット市場の投資戦略、債券発行体の信用力分析、投資評価に関するレポートを機関投資家向けに提供している。
その他(職務)
著書ファイナンスへの数学 共訳 2001年7月 朝倉書店
学術論文合併効果の財務指標・時間両相からの分析 共著 1987年8月
その他(著作)
学歴早稲田大学大学院理工学研究科修了
職歴1987年 日興證券
日興ソロモン・スミス・バーニー
国際協力銀行
2010年 SMBC日興証券
所属学会応用経済時系列研究会
活動情報
賞罰
担当科目(単位数・単位区分・年次・前提科目・開講期情報)