BP(職業実践力育成プログラム)

職業実践力育成プログラム(BP)とは、大学・大学院・短期大学・高等専門学校におけるプログラムの受講を通じた社会人の職業に必要な能力の向上を図る機会の拡大を目的として、大学等における社会人や企業等のニーズに応じた実践的・専門的なプログラムを文部科学大臣が認定するものです。

BBT大学が提供する履修証明プログラム(全8プログラム)は、すべてのプログラムがBPに認定されています。また、BBT大学経営学部グローバル経営学科(4年制)およびITソリューション学科(4年制)は、2015年度にBPに認定されています。いずれも、学士(経営学)の取得および履修証明プログラムの修了までの課程をすべてオンラインで完結できるため、働きながら学ぶ社会人学生にとって利便性が高い点や、講義が実践的である点が評価されました。
同時に、本学の履修証明プログラム(全8プログラム)は「女性活躍」および「非正規労働者のキャリアアップ」に資する課程であることが認められました。また、BBT大学経営学部グローバル経営学科(4年制)およびITソリューション学科(4年制)は、「女性活躍」および「地方創生(地域活性化)」に資する課程であることが認められています。

BPに認定されたプログラムの特色は文部科学省のWebページでは、以下のように定義されています[1]

「・週末開講等、社会人が受講しやすい工夫が整備されています
・プログラムの対象とする職業の種類や修得可能な能力が具体的かつ明確に設定されています
・職業に必要な実務に関する知識、技術及び技能を修得できます
・プログラムの5割以上(目安)が、以下の(1)~(4)のうち2つ以上の実践的な教育方法による授業で占められています

 (1)実務家教員や実務家による授業 (専攻分野における概ね5年以上の実務経験)
 (2)双方向若しくは多方向に行われる討論 (課題発見・解決型学修、ワークショップ等)
 (3)実地での体験活動 (インターンシップ、留学や現地調査等)
 (4)企業等と連携した授業 (企業等とのフィールドワーク)

・プログラムの教育内容や設計に、関連分野の企業等の意見を取り入れています
・修了者の就職状況や修得した能力等が公表されています」

[1]文部科学省HP「大学等での学び直しを希望する社会人の皆様へ」より抜粋
  http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/bp/1360307.htm

BBT大学経営学部は、文部科学省の認可を受けて2010年に誕生した100%オンラインで経営学の学士を取得できる大学です。答えのない問いに対してひるむことなく答えを見出す力を持ったビジネスパーソンを育成すべく、様々な教育コンテンツを継続的に提供しています。
BBT独自開発のオンライン教育プラットフォームAirCampus®を利用して行われるBBT大学のオンライン教育システムでは、講義の受講だけでなく、試験やレポート提出、クラスでのディスカッションなど全ての学習活動をオンラインで完結させることが可能です。
それ故、卒業生のみならず、BBT大学で学びながら世界中で活躍している在校生も多数存在しています。実務家講師陣による実践的な講義を中心に提供していることも特徴です。

事業概要

社会人の方、企業の方向けの本学の概要です。

職業実践力育成プログラム申請書類

グローバル経営学科
 様式1
 様式2
ITソリューション学科
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(市場分析)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(Webビジネスデザイン)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(マネジメント)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(英語(Listening & Reading))
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(新規事業)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(グローバルビジネス)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(ITスタートアップ)
 様式1
 様式2
履修証明プログラム(英語(Speaking & Writing))
 様式1
 様式2

関連URL